カリギュラ オーバードーズ オリジナルサントラがすばらしい!その2

その①に続き、お気に入り曲についてもう少し書いていこうと思う。

こんにちは。

この記事は「カリギュラオーバードーズ オリジナルサウンドトラックがすばらしい!」

の続きです。

ここから見ちゃった方は、その①をぜひぜひよろしくお願いします!

http://yohantan.hatenablog.com/entry/2018/07/18/212950

 


f:id:yohantan:20180720225328j:image

  1.  Cradle

1曲目のCradleクレイドル)はPS4版(任天堂スイッチ版も発売決定)カリギュラオーバードーズを代表する楽曲&主題歌として、インパクト抜群の曲になってます。

この曲だけはボーカリストが4人参加してまして、こういう編成になってます。


f:id:yohantan:20180720231559j:image

 

  • ミレイ、スイートP、ソーン、梔子(クチナシ)というのは一応敵キャラ達です。  (このゲームにはどっちが正義でどっちが悪か、という明確な定義がありませんが)

 

  • 作詞・作曲を手掛けた堀江 晶太さんは、ゲームのシナリオを全部読んで、イメージを膨らませながら曲を作っていったそうです。
  • クレイドル」は「ゆりかご」という意味みたいですね!

 

イントロからハードなリフでギター&ベースが攻め立てる!

イントロは弦楽器隊のリフにシンセフレーズをのせた、疾走感抜群のパートから始まります。

 

そのままAメロにはいります。

ギター等が少し変則的になり、そこにボーカル4人が交互に掛け合いみたいな感じで入ってきます。

歌というかセリフみたいな感じです。

疾走感は残したままで、かっこいいです!

 

そしてブレイクを効果的に使ったBメロ、キメフレーズを挟んでサビ突入!

 

痛い?痛い?痛い?痛い?痛い?痛い?痛い?痛い?痛い?

怖い?怖い?怖い?怖い?怖い?怖い?怖い?怖いよね?

 

サビはとにかくこの歌詞が印象的(^^;)

人の幸せとは一体どういう事をいうのか。

「しんどい事、苦しい事、悲しみ、ネガティブな気持ち。これらの要素を一切排除した世界での暮らしで、人は本当に幸せを感じる事ができるのか?」

そういうテーマを掲げた本作の魅力を、上手く凝縮させた会心の出来かと思います。

 

  • サビの途中でリズムパターンを変えたりして変化をつけているので、単調には感じません。

 

  • ソーン⬇


f:id:yohantan:20180722000136j:image

 

この曲ではボーカルで参加してます。

(大坪 由佳さん)

しかし主イチオシの曲が12曲目のソーンの曲で、また後々感想とか書けたらなーと思っています。

 

 

 

この記事はどこまで続くか全く未定なのですが、また興味ある方は見に来てくれると嬉しいです(^_^)V

ではまた!🎇

 

 

 

 

 

カリギュラ オーバードーズ オリジナル サントラが素晴らしい!その1 

ヨハンのオススメCD。カリギュラ オーバードーズ オリジナル サウンドトラック!

 

7月です。暑すぎです(>.<)

避暑のお供に最適なアイテムを紹介したいと思います。

コレ!⬇


f:id:yohantan:20180718193943j:image

ま、実はゲームソフトのサントラなんですけど、(なんだ、サントラか、、って思った人!早まらずにもうちょっと読んでください!)

ゲームのサントラという枠にとらわれない、純粋に歌ものCDとして素晴らしい出来だと思うので、多くの人に聞いてもらいたいなーと、記事書くことにしました。

どうしてもゲームやった人が後で買うパターンが大多数だと思うので、もったいないですよね。

こういう作品がジャンルとかの偏見等で埋もれてしまうのは(^^;)

 

・まずは特徴

PS4ゲーム(任天堂スイッチでも発売決定しました)、カリギュラ オーバードーズのサントラ。4枚組。

なんだ、サントラか、、って思った人!

どうぞ早まらずに(^。^;)

 

・ゲームBGMのメインコンポーザーは増子 司、主題歌は堀江 晶太が担当。

ゲーム内に登場するバーチャルアイドル「ミュウ」の楽曲は40mp、OSTER project、PolyphonicBranch、蝶々P、みきとP、DECO'27、ピノキオピー、鬱Pなどの著名ボカロPが担当!

ボーカロイド系楽曲、EDM等好きな人は

わかると思います。ちなみに僕は詳しくはないですw)

 

本CDは、全楽曲、全リミックス、ゲームBGM、全てを収録した完全盤である。

 

バーチャルアイドル「ミュウ」⬇


f:id:yohantan:20180718211922j:image

 

・まずDISC1が


f:id:yohantan:20180718200030j:image

こんな感じなんですけど、これ全部歌もの楽曲です!

上に書いた著名なボカロPの方々が作った曲です。ゲーム内に出て来るバーチャルアイドル「ミュウ」の声を担当している「上田 麗奈」さんがほぼ全曲ボーカル担当です。

(少しだけ別キャラのVCの方が歌ってる曲もあり。どれも素晴らしいです)

 

基本、女性ボーカルのアニソン系好きな人だったらハマると思います。

バックの音は曲にもよりますが、ハードロック寄りのドッシリした音が多く感じました。軽くはないです。

(感じ方は個人差あると思うので、あくまで個人的見解です。)

曲のアレンジは、どれも良く考えられていて、なかなか飽きさせないアレンジになってます。さすがです。

 

しかし一番の特徴は、ミュウ役の上田 麗奈さんの歌唱力抜群の歌かなと思います。

この方、これで初めて知ったんですが、本業はやっぱ声優さん?ですよね?(^^;)

いるもんですな、

すごい人が、、

さすがは「声のプロ」といいますか、各曲のキャラになりきって変幻自在のボーカルを聴かせてくれます。

超ハイトーンがめっちゃきれいです。

 

かなりのイカレキャラが敵キャラでいるんですが、彼女の曲での後半の上田さんの暴走もまた素晴らしい!w

 

とりあえずオススメ曲書いとくと、

1,5,6,7,8,10~14です。

(特に10~14)

ほとんどやないかい!

と突っ込まれそうですけど、それぐらい捨て曲無しの素晴らしい物です。

是非「ゲームサントラ」という偏見を一度端に追いやってw聴いてみてください。

 

 

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ - PS4

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ - PS4

 
カリギュラオーバードーズ オリジナル・サウンドトラック

カリギュラオーバードーズ オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

・ちなみにDISC2は、これらの曲のリミックス。

DISC3はゲームBGM。

DISC4は、DISC1の曲のボーカル部分を、ギター?等でメロディー入れたインストになってます。

 

・今回はこの辺で終わりにしますが、ゲームの方も面白いです。

ペルソナとかに代表される学園ジュブナイルRPGです。

 

フィールドマップではDisc4のインストが流れてて、敵と戦闘になるとDisc1の歌入りにシームレスに切り替わります。

こんな感じ⬇

https://youtu.be/0hU6I2HLPU0

 

かっこいいです(・∀・)!

 

ではでは( ^-^)_旦~

 

 

ヨハンのゲーム万歳 vol.1

ヨハンのスカイリムに思う事

という事で、僕のブログは基本何でもアリなので、いきなりゲームソフトについて書こうかと思いまして。

 

ゲーム、RPG好きな方にはもはや説明不要すぎるゲームですよね(^^;)

ザ エルダー スクロールズ V

「スカイリム」

知らない人のためにザックリ説明すると、

日本でいう所の

ドラゴンクエスト

天空の花嫁

みたいな感じですね。

 
f:id:yohantan:20171110001847j:image

何故今スカイリムの記事?っていう所なんですけども、12月になんとスカイリム バーチャルが発売されます!

まー僕はVR持ってないんでアレなんですけど、心待ちにしてる人もいると思います。

 

さらに今、2017.11.26まで、PSストアのセール価格2583円でDL版が買えるーーー

(クレカかデビッドカードが必要。Z指定なので(^。^;))

 

一応参考までに、こっちはアマゾンさんです。

 

 

 

洋ゲーRPGで、開発はベセスダ Game Studioという所がやっています。

発売日は北米では2011年11月11日、日本ではPS3Xbox360で2011年12月で、なんと六年前のゲームなんですよね(+_+)

 

それが、約一年前の2016年11月に

  1. グラフィックをPS4向けにリマスター。全体的にとても綺麗になっている。
  2. 環境さえあれば4K画質にも対応。
  3. DLC3つ収録。
  4. PC版ではお馴染みの、世界中のユーザーが作成した改造データが使用できるMOD機能も使える!(ただし容量制限、エロ制限はあり) 

というスペシャルエディションとして発売されました。歓喜ものですヽ(^0^)ノ

 

ここでまず、スカイリムの凄さが現れてるのが、グラフィック強化や、MOD対応など嬉しい追加要素あるんですが、

ゲーム内容(ストーリーや出てくるキャラとか、ゲームの中身)に関しては、ほぼほぼオリジナルのまんま!

っていう所に尽きます。

 

6年前のゲームで、すでにこのクオリティで世に出せてたとか本当に驚きでしかありません、僕はあ(゚Д゚;)

 

ゲームのスケールのデカさが6年前のゲームとしては異例です。


f:id:yohantan:20171113093036j:image

このタムリエルって大陸がシリーズ全般通しての舞台です。

そして4ではシロディール、5ではスカイリムでって感じで冒険活劇が繰り広げられるわけです。

 

今回は少しでも多くの人に、先ほどの「PSストアでセールやっとりまっせ」というのを知ってもらいたいので、僕がこのゲーム好きな理由をざっと書いて締めようと思います。

 

ヨハンのスカイリム好きポイント

  • 世界観作り、歴史、信仰宗教等の作り込みが半端じゃない。バックボーンとかもよーく作り込んであるから、世界そのものに説得力がすごくある。ゲーム内に多数の本があって、そういうのでも掘り下げられてます。


f:id:yohantan:20171113102423j:image


f:id:yohantan:20171113103057j:image

 

  • 村人一人一人に名前がちゃんとあり、暮らしがある(皆、家もあり、留守の時に勝手にカギあけて侵入したりすると犯罪ですw)生きた世界や街がそこにある。


f:id:yohantan:20171113105404j:image

 

  • とにかく自由。何をやってもかまわない。

 

とまあこんな感じですかね。

興味ある人は今回のセールはお得と思います。

では、よいタムリエルライフを( ^o^)ノ

 


 

 



 

ゴダン セッション リアル使用レビュー「その1」

こんにちはー。

 

先日買ったゴダンギター、少しずつスタジオでも使ってるので、感触など書きつずっていこうと思います(^_^)ノ

「ゴダンギターって何なんだ」「聞いた事ないー」っていう方は、僕の前回分の記事に購入レビュー書いてあるので、興味あったらぜひ覗いてやってください(^^;)


f:id:yohantan:20170802084558j:image

 

今回(だいたいいつも)使用アンプはマーシャル JCM2000で、ZOOMのG5nをクリーンチャンネルに突っ込んで、アンプでクリーントーン作って、歪み含め後の音作りは全部G5n一台で完結させてます。

今は、ギターとドラムの2人でスタジオ練習してるのと、ベースやってくれる人がいる時もギター1人っていうスタンスは今の所変わらないので、足元はなるべくシンプルにしたいので!

きずいたら色んな音使ってるので、コンパクト並べると大変(^^;)

そもそも予算的に無理なんですけどねw


f:id:yohantan:20170802093057j:image
f:id:yohantan:20170805203333j:image

 

クリーンチャンネルのセッティング。

ベースが入ると、もう少しゲイン上げるのがいいかもしれません。

 

f:id:yohantan:20170802093328j:image


f:id:yohantan:20170802093405j:image

写真が自分用に記録した物しかなくて、見にくくてすいません(*_*;

 

マルチのG5nは背面にあるリターン挿しとか、JC120とか一通り試したんですがマーシャルクリーンチャンネルに落ち着きました。

リターン挿しはどうしてもクリーン系が細くなっちゃうのと、クランチとかでも篭もりがちになるんですよね。

レンジが狭い感じになって、音がミドルに偏るって言ってる方も見かけました。

籠もりやすいってことはそういう事なのかな!?

 

JCに関しては、好みの問題で僕は基本的にJCのスピーカーの音があまり好きになれないだけですw

 

オリジナル曲中心にやってるんですが、とりあえずジャンルとかあまり気にせず(強いていえば生々しいロックであること、EDMは好きではない。)自分達の中から出てきた音を素直に出しつつ、基本ドラムとギターだけで面白い事をやろうという感じです。

音源はベース入れたりして、曲によってちょっとアレンジ変わったりはありますけども、それもアリかと個人的には思う。

 

今回はクランチトーン中心の曲を練習してたので、激しい歪みとかはまた別の機会に書きたいと思います。

 

☆まずちょっとクリーンを大音量で鳴らしてみました。とりあえずセンターのシングルコイルで、結構シャキシャキした歯切れの良い音です。

 

アルペジオ弾くと、高音域も低音もバランスよく出てくれるのが良いです。

 

カッティングも気持ち良いです。

 

地味に良いと思ったところ。

 ・1~6弦、各フレットのポジションで音圧差、音量差がほとんど無い事。どの弦のドコのポジション押さえても同じように鳴ってくれる。

これはけっこう大事な事で、ちゃんと手抜きなく作られてるし、しっかりメンテされてる証拠だと思います。

 

 ・ココは弱く弾きたいとか、強くいきたいとか、弾き手のニュアンスが伝わりやすいかな!?

思ったニュアンスが前使ってたギターよりも、出しやすい気はしました。

ピックアップの構成とか歪み方が違うってのもありますが。

まだまだ未熟者なんで、そこらへんはより上手い人の方が感じるかもですが。

 

☆次はクランチぐらいの軽い歪みです。 

 

以前のジャクソンスターズ 2ハム仕様と比較しての感想です。(定価6,7万円ほどのジャクソンにしては安いモデルです。)

 

ピックアップは基本リアのハムで、リアとセンターのハーフトーンも使えると思います。

このハーフトーンは、けっこう色んな場面で使えそうだなーと感じました。

 

まず、モコッとした感じの音の籠もった感じは、かなり無くなりました!

音が細くなったとか、そんな事も無いです。

クリーン、クランチに関してはむしろ太くなったような気もします。

 

たぶん「音圧」っていう意味で、全部の弦がちゃんとバランス良く鳴ってるからかなと思いました。

ギター単体でいう所の「音圧」「抜けやすい音」っていうのは、そういうバランスの良い音の事だ!!ってどこかで見かけた事もありますし(^^;)

もちろん、ドラム、ベース、ボーカルといろんな楽器が混ざる事で、イコライジングが必要になってはくるんですが、、。

 

そういう事でクリーン、クランチに関しては以前より自分の好きな音に近づく事ができるようになりました(^_^)ノ

 

後はマルチエフェクターとアンプの設定が難しいので、色々試していかないと>_<

 

ではでは!

ごきげんよう

 

 

 

 

 

ゴダン セッション購入レビュー。エレキギターの選び方☆彡

こんにちは、ヨハンです。

唐突なんですが、現役で使っていたJackson Starsギターがちっとくたびれてきていたので、メンテだしてフレットすりあわせとかもそろそろ考えなければと思っていたら、「だったら新しいギターに買い替えた方が良かーないか?」と(40%はギター買いたい口実説あり(^^;)”)という事で、買いました。

 

Godin(ゴダン)のセッションっていう物です。


f:id:yohantan:20170723130525j:image

 

候補としては中古アイバニーズ、中古スターリン、中古フジゲン、中古G&L、ゴダンのセッションぐらいでした。

あ、一応バッカスも!

写真はアイバニーズのプレステージシリーズ。見にくくてすいません


f:id:yohantan:20170723024819j:image

予算は約7万代までで、色々調べました。

・形はストラトタイプ

・リアにハムバッカーで、センターにはできればシングルほしい。

・アームついててほしいけど、ロック式のフロイドローズタイプはいらない。弦交換時めんどくさすぎて、僕は挫折しましたw。

でもアーム多少使っても、チューニングの狂いが少なくなるように、ある程度のブリッジ安定感は欲しい。

・できれば1トーン、1ボリュームぐらいのシンプルなノブ構成。

が必要条件でした。

 

スターリンは、ドリームシアターのギタリスト2人のモデルが良かったんですが調べてみると、まあスターリンは本家ミュージックマンの廉価版という位置付けなんですね。


f:id:yohantan:20170723025043j:image


f:id:yohantan:20170723025114j:image

で、実際に触った事ある人の情報だと、スターリンは形だとか見た目に関してはミュージックマンドリームシアターモデルと同じ物が買える!だけど、やっぱ半額ぐらいまで定価下げてるだけあって各パーツの質とか、ギター自体の造りもミュージックマンとはかなりかけ離れてる、別物みたいな感じらしくてやめました。(ミュージックマンが高価すぎるだけで、スターリンが悪いギターという訳ではないです!)

 

後は7万台で中古アイバニーズとかフジゲンだと、定価で10万弱ぐらいの物になってくるんですけど、それらと比較しても全く負けてないゴダンというブランドのセッションってギターがあると、約一年前知りました。むしろ造る工程とか造りの丁寧さ、上位機種と比べた時に品質差がそこまで無い、という事もあって頭一つ抜けてるとまで言う方もいました。

ちなみに上位、下位機種全てMADE IN カナダです。

ざっと特徴を

★フレット数が22フレットまである。フェンダーストラトはたしか21フレット仕様が多いはず、たぶん(^^;)

 

☆ゴダン オリジナルPU S-S-H

 ・トーンノブがコイルタップスイッチになっていて、引っ張るとリアのハムバッカーをシングルに切り替えれます。

  ・ハムは、+二万ぐらいでEMGだったかダンカンだったか(どっちか忘れました)よりパワーのある物も選べます。(セッションLTDってモデルです)

 

トレモロアーム。精度の高い2点フローティングシステム。

 

☆カナダ北部の低気温の中でじっくり成長するbasswoodをボディ材に使用。

 

★カナダとアメリカの自社工場で100%生産。全行程を自社で行うメリットを活かし、驚くほど高品質でリーズナブルな価格。


f:id:yohantan:20170723012952j:image

 

やっぱ最後の所が魅力的でキモかなと思います。僕もそんなに詳しくはないんですけど、いわゆるハズレの個体なんかはほぼ無いんだろうとは想像できますよね。

 

定価10万8千円。少し安い楽器屋さんの実売価格で8万ちょい。税込みです。

自分はサマーセールを見つけて、奇跡の新品6万台で買えました。

ちなみに一万円台とかの安いギターでも、極まれに「これで一万台!?」って思う当たり個体もあるらしいんですけど、それ発見するのはなかなか奇跡的みたいです。

まー値段なりと言われればソレまでなんですけども、、

 

色々考えゴダン、セッションにしました。

このギターケースついてきました。


f:id:yohantan:20170723010941j:image

ポケットめっちゃついてます。

これぐらいのケース買ったら普通に1万円近くしますよね(^^;)

ちょうどマトモなケース買おうとしてたのでかなりのお得感でした!

 

本体


f:id:yohantan:20170723012932j:image

 

ヘッド部分


f:id:yohantan:20170723013038j:image

 

他にもサンバーストとか、木目チックなボディのもあって、そっちの方が人気あるんだろーなと思うんですけど自分はこのブラックに惹かれました。指板はずーーっとローズウッドです。

ゴダンのエレキは日本では不人気らしくて、たぶん地味なギターデザイン、地味なブランドイメージが足かせになっていると思われます。(元々アコギが有名で、そっちの方の評価もかなり高いです)

 



楽器店で試奏させてもらった段階では、クリーンが太いんだけど、モコっとしてなくて、良いと思いました。

アンプのリバーブを少し上げると、艶々したキレイなウェットサウンドで気持ちいい。

今までほとんど2ハムしか使ってこなかったので当たり前なんですけど、とにかくクリーンと軽いクランチがモコモコしないのが良かった。

なおかつ音が太く感じたのが印象に残りました。

 

リアのハムPUでの歪みは、楽器店で出せる音量の範囲では正直あまりわからなかったですw  ただ悪くはなかったです。普通にカッコいいディストーションでしたw

総じて結構存在感のある、太めな音が出せる印象です。かといってレスポール系とはまたちょっと違います。レスポールサウンドが好きな方は、ちゃんとレスポール系を買った方が良いと思います。

 

また次回以降は、スタジオで実際に使ってからボチボチ書こうと思います。

長々と読んでくれた方、ありがとうございますm(_ _)m

 

では、また!_(_^_)_

 

 

サッカーの話 06-07 CL決勝戦について

こんにちは(^_^)ノ唐突ではありますが、僕はサッカー観戦も大好きなので、サッカー好きでは決して避けては通れないあの試合について、ちょっと書きたいと思います!

 

そう、「06-07 ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝 ユベントスvsレアル マドリード

であります。

今回はメンバー的にユベントスが好みだったので、ややユーベ目線で見ていました。

ユーベのスタメン!

 
f:id:yohantan:20170611013541j:image

で、レアル!


f:id:yohantan:20170611013659j:image

ユーベはジョーカー的にクアドラードを、レアルはベイルという強力な切り札がありましたね(^。^;)

この試合、どこに注目してたかというと、まず今気になる選手の一人、アルゼンチン人ディバラさんです。CLのバルセロナ戦でも2ゴールと乗ってただけに、期待感はかなりありましたよーー。

 

前半10分ぐらいは、ユーベがけっこう前からプレスかけて、自分たちの攻撃時間を増やす事によって、レアルに攻めさせない良い入り方ができてました。

ロナウドファーストタッチも確か9分あたりだったと思います。

 

しかし19分にユーベにちょっと事件がおこります(/_;)

レアルのDFのパスミスをディバラがカット。そのまま得意のドリブルで抜けだして、ラストパス、あるいはシュートかと思われたんですが、、。


f:id:yohantan:20170611015756j:image

この後、味方WBのダニ アウベスも後ろからつっこんできて衝突しちまうんですねw

直前のシーンdesu


f:id:yohantan:20170611020110j:image

で、今のユーベは攻撃のスイッチを入れる人間が主にディバラなので、このエース、ディバラに良い形でボールが収まったら、イグアイン、アウベス、ピャニッチらが攻撃モードになり上がってどんどんフォローにはいります。

逆にいえば、その状態の時にもし完全にボールを奪う事ができたら、後ろは割とスペースがあいているのでレアル側は一転してチャンスなわけですよ。みごとーーにそこ突かれましたよね。

この後カゼミーロから流れるようなパスワークで最後はロナウドのゴールでしたね。

ここまでロナウド、たぶん3、4回ほどしかボールに触れていません(^^;)

(試合開始から)


f:id:yohantan:20170611021724j:image

マークについてたキエッリーニだったかな?も、この時点ではロナウドの存在を確認できておりますが、(画面中央)


f:id:yohantan:20170611021931j:image

クロスあげられた時には完全にボールウォッチャーになっちゃった>_<

まーロナウドの走るコースとかも絶妙なんですけども。とりあえず、さっきのディバラとアウベスの衝突みたいなプレイは声の掛け合いとか意思疎通で回避できない事はなかったように思うので、この直後の失点は本当に悔やまれます(T_T)最悪シュートとかクリアでおわってれば、、、

 

しかし、26分のユーベ、右サイドの攻撃が手詰まりになった所をボヌッチが大きく左へ展開。A. サンドロのクロスをイグアイン折り返す。そしてマンジュキッチバイシクルゴーーール!これは完璧な崩しからのゴールでしたし、レアル側はほぼノーチャンスだったと思います。

この後は一進一退の攻防で前半終えました。

まー引き締まった面白い前半でした!

 

そして後半です。

これは僕の完全な予想ですが、レアルのジダン監督から、もっとシンプルにDFラインの裏狙ってけと指示あったのかなと。フライスルーで裏へポンっとか。

後半の10分ぐらいまでに、2、3回そういう場面あって、事実ソレ嫌がってかユーベDFラインがズルズル下がり始めるんですよね。

そのうえで17分のカゼミーロの思い切りの良いロングが決まってしまうのは、もはや必然だったのかもです。

そしてこの直後にも、完全に集中力切らしてユーベらしからぬ失点をロナウドに許してしまいます。一点目と似たような形でしたけど、ロナウドがよりドフリーでした(-_-;)

 

ユーベはクアドラード投入後、間もなくレッドカードで退場。レアルはベイル投入でよりカウンターが強力になります。疲れきったユーベに勝算は限りなくゼロに近かった(;_;)

 

ディバラも後半ほとんどこういうボールの受け方しかできてなくて、守備にもおわれてたんで、厳しかったかなー>_<


f:id:yohantan:20170611122406j:image

 マンジュキッチは闘志溢れるプレイでよくボールに絡め、良かったです。

レアルの今キーマンはモドリッチ&カゼミーロですね。カゼミーロの守備力、モドリッチのゲームメイク能力&インテリジェンス、クリロナの決定力、強いわな!w

長すぎたんで、終わりにします!

ではではヨハン(^_^)ノ!

 

 

 

G5n ZOOM Gutar Labのぞいてみよう

今日はちょっと、Zoomのguitar labっていう、パソコン用アプリを覗いてきました。

したら少しだけエフェクター、アンプモデル等追加されてましたー(^_^)ノ☆

見てみましょう!

 

f:id:yohantan:20170529183430j:image

ダイナミクス系「LMT-76」

UREI 1176LNのモデリングだそうです¥

 

次は


f:id:yohantan:20170529184237j:image

⬆アンプモデリング「FD Master」

フェンダー Tone Master Bチャンネルのモデリングです。僕はどんな音するのか、よくしりません!すません(^^;)

あと、このアンプのキャビネットも追加されてました。

 

で、次


f:id:yohantan:20170529191926j:image

モジュレーション「WarpPhase」

一方向に効果がかかるフェイザーなのだ!

 

次から写真無しでいきますー

・ディレイ「テープエコー3」

MAESTRO ECHOPLEX EP3のモデリングみたいですね。

 

・最後リバーブ「GateRev」

パーカッシブな演奏に適した特殊なリバーブらしです。どんなだろ(^^;)

 

追加はこんな感じです。

あと、このアプリは「G5n」本体に、新しいアンプモデルやらエフェクターやらを追加する物で、パソコンとネット環境があれば、このアプリ使ってパッチの入れ替え、削除、バックアップとかもとっておけます。

有名なアーティストの方が作ったパッチも一杯あるので、使える使えないは別として勉強になりますよね。

 

では、またちょいちょい更新していきたいと思いますので、よかったらまた見にきてください( ^o^)ノ

 

ヨハン!!