カリギュラ オーバードーズ オリジナルサントラがすばらしい!その3

🔵やっぱカリギュラの歌達、曲達は最高である🔵

 

PS4カリギュラオーバードーズを去年の夏頃やり終えて、それからデッドバイデイライトやらFIFA19やらフォールアウト76やら色んなゲーム達がありましたねー。

 

見出しは、今カリギュラオーバードーズを思い返した時の正直な感想です。

 

あと、このサントラ関連のブログは一応三つ目なので、良かったら過去の記事もよろしくお願いしますm(_ _)m

 

http://yohantan.hatenablog.com/entry/2018/07/18/212950

 

私は、普通に音楽(一般的なロックとかポップスとか)も好きなので、色々聴いたりライブとかもタマにいったりするんですが、それでもココまで1つの作品に没頭して聴きまくる事なんてなかなか無いです(^^;)

 

本当に数年に一度の神CDと思ってます。

なんなんでしょう、

飽きないんですよね(笑)

 

【Amazon.co.jp限定】カリギュラオーバードーズ オリジナル・サウンドトラック(Amazonオリジナルステッカー付)

【Amazon.co.jp限定】カリギュラオーバードーズ オリジナル・サウンドトラック(Amazonオリジナルステッカー付)

 

 

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ  - PS4

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ - PS4

 

 

 

 

switch版もうすぐでますよ~!!

 

switch版は、PS4版で別売りされてたDLC衣装とかが最初から全部入ってるそうです。

 

テーマは機種違うから無いのかな?

ちょっとわかりませんが。

 

RPGとしてちょっと雑な部分もあるっちゃあるんですが、この音楽達を聴きながらゲームやってたらちょっとした不満点なんか

「あ~!音楽サイコー(*^▽^*)」

って思ってる間に忘れてしまってます(笑)

 

戦闘中意外では歌なしのメロディーラインが乗った曲がインスト的に流れてますが、戦闘に入るとボーカルバージョンにシームレスに切り替わります。

この演出がイイんですよ☆

 

参考までにプレイ動画です⬇

https://youtu.be/0hU6I2HLPU0

 

では過去ブログ①と②で紹介した曲意外でいきましょう。

 

「Distorted Happiness」

music&lyrics by cosMo@暴走P


f:id:yohantan:20190225110811j:image

このソーンというキャラのテーマソングです。

 

サウンドの特徴は、煌びやかで少し寂しげなピアノの音色と、何の楽器でだしてるのかわからないジリバリしたノイズ音の融合、そして対比です。

 

ほぼ曲全体に渡り、この美旋律ジリバリノイズ、そしてVo ミュウ(cv上田麗奈の透明感のある歌声が絡み合って何ともいえない素晴らしい雰囲気を作り上げています。

 

キミのいない キミのいない

キミのいない世界なんて

初めから 初めから

そんなものはなかったよ

 

キミがいない キミがいない

キミがいない

うるさいな!!!!!!

消えない耳鳴りに今日も

ナイフを突立てよう

 

この美旋律とノイズの対比と共存が、私達の存在している世界の綺麗な面ダークサイド(社会的な事も、人の感情とかも全部ひっくるめて)みたいに私には聞こえてきました。

 

そうすると、ソーンら楽士達からしたらこのダークサイドな部分はいらないワケです。

 

「キミのキライな事、キミが嫌なつらい思いもしてしまう世の中なんかより、永遠にキミが微笑む世の中(メビウスにいればいいのに、、」

 

という楽士達からしたらこのノイズはいらないんです。

ここらへんから「ん?意味がよくわからんぞ?」って方はその①とかの記事を読んで頂くと良いと思われます。⬇

http://yohantan.hatenablog.com/entry/2018/07/18/212950

 

・そして想像してみました。

そのノイズを取り除いたこの曲を!

 

う~ん、

何か違います、、綺麗は綺麗で心地よい感じはするんですけど、何か不完全で物足りなく思いますね。

 

とにかくこれじゃない感がつきまとってしょうがない気がします。

 

こう例えてみると、まるでこの世の中と、そこに生きる物の人生の縮図みたいに思えてしまって。

[Distorted Happiness]が、、

 

やっぱり人(もちろん他の動物も)って、何かしら苦労もして、まあ嫌な事とも上手く付き合いながら生きてくからこそ真に幸せを感じれるんかな?

 

と、このカリギュラという作品とDistorted Happinessには考えさせられました。

 

まー考えすぎと思われちゃうかもしれないですけど、カリギュラをやった後にこのアルバムを聴いているとゲーム楽しかったなーとも思うし、同時に何ともいえない気持ちも湧き出てくる、、、

 

不思議な感じです。

 

あ、ドラムの事を忘れてました(>_<)

 

・この曲のドラムが好き~

 

基本普通っぽい8ビートなんですけど、単調にならないように工夫されてますね。

  1. 所々スネアとバスドラの位置を工夫してる?かな?部分的に跳ねたリズムになる。
  2. スネアの連打を効果的に使っている。
  3. スネアとバスドラでゴーストノート(わずかにしかきこえない様な小さな音)を頻繁に混ぜて、躍動感と疾走感アップに貢献している。ドラマーではないのでたぶんですが、これが大きいかなあと思います。



f:id:yohantan:20190225193246j:image

ちょっと長くなってきたので、この辺で終わりたいと思います。

またその④書くと思うのでお付き合い頂けたなら嬉しいです。

 

ではでは。ありがとうございました(^^)/